近眼回復への道しるべ

近眼回復のための視力回復トレーニングの方法や、視力アップのポイントを解説しています。

サイトトップ > 近眼と老眼の関係について

近眼と老眼の関係について

近眼と老眼の関係性について解説します。

近眼の人は、よく老眼にはならないと言われますが、本当でしょうか?正確には、近眼でも老眼になるが、老眼鏡が必要でない場合があるので、経済的に助かる、ということです。

老眼とは、加齢性の調節力の低下をいいます。
つまり老視とは、加齢とともに水晶体が硬化して、厚くできなくなる目の症状です。近くを見るときには水晶体を厚くする必要がありますから、老眼になると近くが見づらくなるのです。

いっぽう近視は、近くがよく見える目ですから、老眼になっていても、近くがハッキリ見えます。そのため近眼は老眼にならないと、誤解を受けているわけです。

厳密に言うと、前述したように老眼とは、水晶体の硬化のことです。その結果として近くが見づらいというだけです。老眼とは水晶体の硬化なのです。そして近視の人が老眼の年代になっても、同様に水晶体は硬くなります。しかし、それでも近眼は近くが見えるというだけです。

そのため近視で老眼の人が、遠方視用の近視矯正メガネを装用すると、今度は近くがぼやけるはずです。ただし軽度の近視の人は、近視用眼鏡をヒョイと外すと、近くがハッキリ見えます。目がいい人は、こうは行かず、老眼鏡を装着したり、遠近両用眼鏡、多焦点レンズの老眼鏡が必要になるわけです。

このように軽度の近眼の人は、老眼鏡を購入しなくて済むので、経済的な負担から開放されます。老眼は60歳くらいまで、徐々に進行していき、その都度、老眼鏡のレンズを交換しなければなりませんから、経済的な負担がけっこうあります。近眼の人には、そういった負担がないわけですね。

しかし近眼の場合、眼病に注意しなければなりません。
軸性近視の場合、網膜が通常よりは薄くなっているので、網膜裂孔や網膜剥離に要注意です。そのほか黄斑変性症、緑内障にも気をつける必要があります。近視性の白内障もあります。

近眼は老眼の憂いがない代わりに、正常な人よりも目の病気に注意しなければならないのです。眼病を予防するために、つねに目の血行をよくするよう努めたり、緑黄色野菜や果物からルイテンやビタミンCを多く摂取するよう心がけることが、眼病を予防する力になります。

視力と近眼〜メリットもある一覧