近眼回復への道しるべ

近眼回復のための視力回復トレーニングの方法や、視力アップのポイントを解説しています。

サイトトップ > 近視と近眼の違いは?

近視と近眼の違いは?

近視と近眼は、似ている言葉ですが、ニュアンスはやや違っています。近視とは、たんに屈折異常のことを指しています。いっぽう近眼とは近視の状態の眼球のことです。つまり、こういうことです。

近視の目=近眼

仮性近視という言葉があります。
仮性近視とは調節緊張、偽近視、調節痙攣ともいい、近視の一歩手前の状態であり、たんなる眼の筋肉の緊張です。毛様体筋のこりに過ぎないのです。いっぽう本物の近視になると、眼球が変形してきます。

仮性近視という言葉には、眼球はまだ変形を起こしていない、という意味が含まれています。眼球がまだ変形していなから、仮性近眼とは言わずに、仮性近視なわけですね。

近視用のメガネといえば、近視の状態を矯正するための眼鏡ですね。近視回復トレーニングといえば、近視の状態を改善するための訓練になります。

しかし一方で、近視と近眼は同じ意味で使われることもあります。たとえば強度の近視、強度の近眼といった感じですね。また近視の人、近眼の人というように、本来は意味が違っていても、同じように使われています。それは前述したように、近視の目は、眼球の変形を伴うので、正常な眼の眼球とは形が違うからです。

それにしても近眼という言葉があるのに、遠眼とか乱眼という言葉がないのは、どうしてでしょうね?でも老眼には老視という言葉があります。

近眼は眼球が長い軸性近視であることがほとんどなので、眼球の形状に特徴があるからだと思います。正常の眼球に対して、眼球が伸びた近眼・・・。

結局は近視と近眼に関しては、近視とは屈折異常の状態、近眼は読んで字のごとく「近い眼」ということが、一番しっくりくると感じます。

視力と近眼〜メリットもある一覧