近眼回復への道しるべ

近眼回復のための視力回復トレーニングの方法や、視力アップのポイントを解説しています。

サイトトップ > 視力と近眼〜メリットもある

視力と近眼〜メリットもある

視力と近眼に関する、豆知識のコーナーです。

ここでは近眼を視力回復させる方法ではなく、それ以外の近眼の原因とか、関連事項を解説しています。

近眼の視力は、一般的には近くがよく見えて、遠くがぼやけて見づらい症状であり、屈折異常の一種です。屈折異常には、近視のほかに遠視、乱視があります。

たしかに近眼の視力は、初期の仮性近視から屈折性近視なら、近くはとても見やすいものです。近視とは近くが見やすい目の構造になっているので、目のいい人よりも目が疲れにくくなります。パソコン作業が原因の眼精疲労も起こりづらいのです。

ところが軸性近視にまで視力低下し、視力0.1を切るようになると、手もとも顔を近づけないと、よく見えなくなります。そのため近くが見やすいという表現は、最強度の近眼には当てはまらないのです。

低い視力が近眼の特徴ですが、これは老眼の年代になると、重宝することになります。ふつう40代も半ばになると、老眼の症状が現れてきます。つまり水晶体が硬化してくるので、近くが見づらくぼやけてくるのです。

このとき低い視力の近眼の人は、遠くが見づらい代わりに手もとがよく見えるために、老眼鏡が必要ありません。近視矯正用のメガネをサッと外すだけで、手もとの文字を楽に読めるのです。そういう光景は何度が見たことがあるでしょう。

ただし前述したように、視力0.01というような強度の近視の場合は、手もとすらよく見えないため、近視治療用の眼鏡で、度の弱いものを掛けることになります。つまり焦点が網膜の前にあるので、遠視矯正用眼鏡ではなく、軽い度のメガネを着用して、かろうじて手もとが見えるメガネをつくるわけですね。

視力が悪い近眼ですが、このように軽度の近視の場合、いろいろとメリットもあるわけです。

ちなみに視力は、近眼が進行したからといって、失明することはありません。光を感知するのは、あくまで網膜の視細胞であり、目の屈折とは関係ないからです。ただし眼病経由で、光を失うことはありえるので、日ごろから目のメンテナンスを習慣にすることが大切です。

近視と近眼の違いは?

近視と近眼は、似ている言葉ですが、ニュアンスはやや違っています。近視とは、たんに屈折異常のことを指しています。いっぽう近眼とは近視の状態の眼球のことです。つまり

近視と近眼の違いは?

近眼と老眼の関係について

近眼と老眼の関係性について解説します。近眼の人は、よく老眼にはならないと言われますが、本当でしょうか?正確には、近眼でも老眼になるが、老眼鏡が必要でない場合があ

近眼と老眼の関係について

近眼の眼球とは?〜屈折性や軸性近視

近眼の眼球は、その初期から構造的な変形を始めます。よく仮性近視という言葉を聞きます。小学生の子供が、近くの見すぎで遠くにピントが合わなくなり、学校の黒板の文字が

近眼の眼球とは?〜屈折性や軸性近視

子供の近眼について〜視力の低下は急激に進行

子供の近眼は、親御さんにとっては心配ですよね。私の遺伝かしら、とかいろいろ悩んでしまうかもしれません。しかし子供の近眼の原因は、そのほとんどが環境要因であるとい

子供の近眼について〜視力の低下は急激に進行

近眼の原因とは?〜近視は生活習慣という環境要因

近眼の原因は、どこにあるのでしょうか?もちろん名前のごとく、近眼の原因としては、近くの見すぎが関係しています。近眼は「ちかめ」とも読み、「近目」とも言ったりしま

近眼の原因とは?〜近視は生活習慣という環境要因