近眼回復への道しるべ

近眼回復のための視力回復トレーニングの方法や、視力アップのポイントを解説しています。

サイトトップ > 近眼の眼球とは?〜屈折性や軸性近視

近眼の眼球とは?〜屈折性や軸性近視

近眼の眼球は、その初期から構造的な変形を始めます。

よく仮性近視という言葉を聞きます。
小学生の子供が、近くの見すぎで遠くにピントが合わなくなり、学校の黒板の文字が読めなくなる、あの症状ですね。

この仮性近視はご存じのように、近視に似て非なるものです。
近視とは眼球の変形した屈折異常を指しますが、仮性近視の段階では、眼球の形は正常です。

ただ眼球の内部にあって、遠近調節を司っている毛様体筋が緊張を起こしています。そのため調節緊張とか、偽近視、調節痙攣といったりするわけですね。

このような仮性近視の状態を放置していると、やがて本物の近視に踏み出していきます。これを真性近視といいます。ここからが近視の始まりです。冒頭で述べたように、近眼の眼球は変形するところが、仮性近視と違う点です。

真性近視は、まず屈折性近視から開始します。
これは水晶体の厚みが戻らなくなり、毛様体筋の緊張が固定化するとともに、角膜が前方にせり出してきます。より凸が強くなるのです。角膜と水晶体の凸レンズが強くなるので、屈折力が上がり、網膜の手前で焦点を結ぶような近眼の眼球になります。

この状態から、さらに急激に視力が低下していくと、最終段階の軸性近視になります。これは眼球が縦に長く伸びるという眼球の変形をおこします。網膜を角膜から遠ざけることによって、近くを見やすい目に適応させるわけです。そのため近視の目は、近くを見ても、疲れ目を起こしづらいのです。

軸性の近眼の眼球は、このようにラグビーボールのように楕円状に変形します。しかもほとんどの近視の人が、この軸性近視であるといわれています。

そのため、たとえレーザー角膜屈折矯正手術を受けても、近眼の眼球のままであり、楕円状のままです。レーシック手術を受けて、完全に視力が回復したと喜んでもいられないわけですね。

つまりレーシック手術やPRK手術、ラゼックでは、角膜の表面を操作して、形を変えているに過ぎないので、「近視は回復しているが、近眼は回復していない」のです。

これは内眼手術のフェイキックIOLや、寝ている間に近眼矯正するオルソケラトロジーやオサートでも言えることです。

近眼の眼球が長い軸性近視ということは、網膜が風船のように薄く引き延ばされているということです。そうなると何かの弾みで、網膜に亀裂が入ると網膜裂孔に、それが大きく破れると網膜剥離になる危険があるわけです。

そのほか同じ網膜の疾患である黄斑変性症、網膜を走っている神経線維周辺の新陳代謝に影響が出ると、視神経が減少していく正常眼圧緑内障の危険もあります。

これが近眼の眼球のリスクです。
ただし日ごろから目のメンテナンスをしていれば、こういった眼病を確実に予防することができます。

目を使ったら、視力回復のツボを指圧したり、目を強くまばたきしたりして、目の血行をよくしましょう。これが目の病気を防ぐ基本になります。それプラス、ルテイン、アントシアニン、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンB群などの視力回復サプリメントの摂取を習慣づけましょう。そうすれば、視力0.01という強度の近眼の眼球を持っていても、一生涯、快適な視界を保つことができます。

視力と近眼〜メリットもある一覧