近眼回復への道しるべ

近眼回復のための視力回復トレーニングの方法や、視力アップのポイントを解説しています。

サイトトップ > 近眼の治療法とは?〜メガネやレーシック手術などの視力矯正

近眼の治療法とは?〜メガネやレーシック手術などの視力矯正

近眼の治療法とは、ここでは眼科の視力の矯正を指します。

つまり眼球自体は近眼のままで、外部から松葉杖のように、視力を補助する眼科医療です。これにはメガネやコンタクトレンズといった眼科矯正器具が一般的です。

近年になって、角膜の屈折率を調整することによって近眼を治療するレーシック手術が台頭してきました。正式名称をレーザー角膜屈折矯正手術といいます。そのほかレーザー治療として、PRK手術、ラゼックがあります。

レーシック手術は、レーザーを使った近眼の治療法としては、もっとも人気があり、アメリカを中心に広まっています。日本にも徐々に浸透していきています。しかしレーシックの後遺症・合併症も存在するので、こういった視力回復手術に抵抗を感じる近視の人も多くいるようです。

レーザーによる近眼治療法の代表選手、レーシック手術は、フラップを一旦作成してからエキシマレーザーを角膜実質層に照射します。最後に厚いフラップを再びかぶせるので、光学的に安定し、痛みもないのが特徴です。

いっぽうPRK手術は、フラップがないため、目がかなり傷みます。そのかわり術後は、きれいな角膜になるとともに、強度が強くなります。ラセックも表面照射であるため、痛みがしばらくありますが、強度の近眼でも視力回復できる治療法です。

レーザーを照射せずに、メスで切開し、人工のレンズを眼球内に埋め込む近眼の治療法を、フェイキックIOLといいます。日本語に訳すと、有水晶体眼内レンズとなります。これは白内障手術が元になっており、その応用です。レーシック手術よりも視界がクリアで、視力0.01の強度近視でも、視力1.5にまで近眼を回復することが可能です。

実はレーシックなどの近視矯正手術とメガネ、コンタクトレンズ、さらにはオルソケラトロジーはすべて同様の原理に立脚した視力の強制であり、近眼の治療法です。

近眼の場合、屈折力が強いために、網膜の手前で光の焦点が結んでしまいます。そのため外部から凹レンズを補って、光の焦点距離を伸ばしてやるのです。これが近視矯正用メガネである凹メニスカスレンズです。また近視用のコンタクトレンズです。その形状の特徴は、レンズ中央部ほど薄く、レンズの端にいくほど厚くなります。視力0.01という強度の近視のメガネは、かなり分厚いですよね?

オルソケラトロジーやレーシック手術なども、角膜が凹レンズの形をしています。オルソケラトロジーやオサートでは、睡眠中に特殊なコンタクトを装用して、角膜中央部をへこませるからです。レーシック手術などのレーザー治療でも、エキシマレーザーを照射して、角膜中央部を削ります。角膜はレンズの役割を持っているのです。

近眼の治療法で注意すべきことは、眼球は伸びたままであり、いわゆる軸性近視の状態のまま変わっていないということです。そのため眼病のリスクがあるので、気をつけましょう。

オススメは目の血行をよくし、ルテインやアントシアニン、ビタミンCなどの視力回復サプリメントを毎日摂取することです。目の血行をよくするには、目のツボ指圧が最適です。眼筋トレーニングを毎日、自宅で行なって、急激な視力低下を予防することも大切です。

近眼の視力回復の方法一覧