近眼回復への道しるべ

近眼回復のための視力回復トレーニングの方法や、視力アップのポイントを解説しています。

サイトトップ > 近眼レーザー治療には何がある?〜イントラレーシック手術など

近眼レーザー治療には何がある?〜イントラレーシック手術など

近眼レーザー治療の方法には、何種類かあります。

近視手術としてはレーシックが知られていますが、近眼レーザー治療は、レーシック手術だけではないのです。

近眼レーザー治療法は、その名のごとく、エキシマレーザーを角膜に照射することによって、近眼を回復させようとする眼科矯正医療です。

従来はRK手術といって、メスを使って角膜表面を放射線状に切開していました。執刀医が実際に手で切開するので、間違った切れ込みを入れたり、後遺症・合併症も多かったのです。このころは日本の眼科専門医も、RK手術にあまり乗り気ではありませんでした。

日本では西暦2000年に、厚生労働省にエキシマレーザーが認可されてから、近眼レーザー治療が開始されました。始めはPRK手術という、角膜上皮層から直接レーザーを当てる視力回復手術の方法でした。

PRK手術では、術後に角膜実質層がむき出しになるため、目がかなり痛みます。すぐに視力も回復しません。角膜上皮層が再生してくるのを待たなければいけないのです。そのため、こういったデメリットを改善するために、レーシック手術が考案されるわけですが、PRK手術は、今でも人気があり、実施されています。

というのは、PRK手術は、フラップを作らないために、術後の角膜強度が高くなります。打撲によってフラップがずれるということがなく、格闘技の選手に人気があるのです。

PRKのあとにレーシック手術が登場しました。
レーシックでは厚いフラップを作成してから、エキシマレーザーを角膜に照射します。そのあとフラップを閉じるので、術後すぐに視力がアップし、痛みもないという優れた近眼レーザー治療です。

ただし厚いフラップに、角膜実質層が取られてしまい、視力0.01という強度の近視は対応できないというデメリットもあります。また、通常よりも角膜が薄い人も、適応外となります。

近眼レーザー治療の代表選手ともいえるレーシック手術ですが、そのなかでも今人気がある術式は、イントラレーシック手術です。従来のレーシック治療は、マイクロケラトームというカンナ状の器具によってフラップを削っていたのですが、イントラレース・フェムトセカンドレーザーによって削るようになってから、近眼の適応範囲が広がりました。

またイントラレーシックによる近眼レーザー治療では、夜間視力がアップし、フラップの強度も強くなりました。レーシックの後遺症・合併症が低下してきたのです。ただしドライアイは、依然として発生するようなので注意が必要です。

近眼レーザー治療の進化は、とどまるところを知りません。
イントラレーシックにオプションをプラスした、アイレーシックやZレーシックという最高峰の近視回復手術まで登場してきています。

これはイントラレーシックに、ウェーブフロント技術といって、各個人の角膜収差を軽減するような近眼レーザー治療です。オーダーメイドの視力手術といえます。

そのほか手術中に患者さんの瞳孔が動いたら、そのあとを追っていくアイトラッキング・システムは、今や常識です。また角膜の場所によって、エキシマレーザーの照射強度を調節できるので、よりなだらかな形が実現でき、角膜実質層を有効活用できるようになっています。

近眼の視力回復の方法一覧