近眼回復への道しるべ

近眼回復のための視力回復トレーニングの方法や、視力アップのポイントを解説しています。

サイトトップ > 子供の近視回復のポイントとは?

子供の近視回復のポイントとは?

子供の近視回復のコツや秘訣を解説します。

子供の目が悪いことに気づくのは、現実的には学校の視力検査です。通称、学校検眼ですね。このときに手渡される検眼通知書は、いわゆる「視力の通信簿」です。親御さんは子供の成績よりも、こっちのほうが気になるという人もいるでしょう。

子供は、見づらさをとくに訴えませんから、こういった学校検眼という機会がないと、視力低下は発覚しません。また少々見づらくても、だんだん慣れてしまうものです。

子供の近視を治すポイントは、早めに発見して、すぐに行動を起こすことです。まずは眼科に行って、本当に近視なのかを確認することが出発点です。何事もそうですが、今現在の置かれている状況を把握することが、現状打開の第一段階です。

子供の近視回復をするつもりが、実際は乱視や遠視であるかもしれません。あるいは脳のストレスによる心因性の視覚障害かもしれません。この症状がでると、視野がせまくなることもあるのです。すでに弱視になっているために、視力表が見えないのかもしれません。

子供の近眼が確定したところで、ようやく子供の近視回復トレーニングがスタートします。最もオススメの視力訓練は、外で元気いっぱいに遊びまわることですが、なかなか上手くいかないかもしれませんね。今は室内でゲームをして遊んでいるほうが、面白いからです。

そこで子供の近視回復トレーニングの登場です。
視力回復センターや眼科の通電療法といった手段もありますが、塾通いとか諸々の事情で、これも難しい人もいるでしょう。この場合は、視力回復を自宅で行なうことをおすすめします。

別に本屋で3Dの視力回復の本を買わなくても、無料で簡単にできるものです。たとえば星を親子で語り合いながら見ることも有効です。遠くの景色を見ながら、あれ見える?とか語り合いながら、親御さん自身の視力もチェックしてみましょう。

一般にいわれている、子どもの近視回復訓練としては、遠くと近くを繰り返し眺める水晶体体操法があります。このとき毛様体という筋肉が緊張と弛緩をくり返して、血行がよくなります。その結果、水晶体を薄くする機能が蘇るのです。この方法は、眼球が伸びる軸性近視に移行する前に行なってください。これが子供の視力回復は、早期発見が大切なゆえんです。

子供の近視回復を考えるとき、忘れられがちなのは、食事・栄養素です。目という器官も、筋肉や骨と同様、細胞、組織でできています。というか目の中には3種類の筋肉があります。とくに野菜や果物が大切でしょう。カルシウム、ビタミンB1も不可欠です。そのほか子供にとってほしい視力回復サプリメントとして、カシスがあります。

このカシスは、毛様体筋をリラックスさせる働きがあるので、遠方凝視訓練や遠近体操法と一緒に習慣にすれば、毛様体の緊張をより一層ほぐすことにつながっていきます。

近眼の視力回復の方法一覧