近眼回復への道しるべ

近眼回復のための視力回復トレーニングの方法や、視力アップのポイントを解説しています。

近眼を回復させる方法を公開!

近眼回復への道しるべでは、仮性近視から視力0.01レベルの強度近視まで、幅広く対処法を解説しています。

近眼とは、仮性近視が進行して眼球の変形が始まった屈折異常です。仮性近視の段階は、近視ではなく、単なる調節緊張であり、毛様体筋のこりにすぎません。

ところが近眼になると、角膜が飛び出たり、眼球が伸びたりして、眼球が構造的に変形を起こします。このことが近眼は回復することが困難、といわれている理由です。

この見解は、おもに眼科医を中心にした考え方です。目医者は眼病を治療することが、第一の仕事であり、失明を防ぐ責務があります。メガネを装用した矯正視力で1.0以上が達成できれば、OKなのです。

いっぽう東京視力回復センターをはじめとした、民間の視力回復トレーニングによって、多くの近眼が回復を勝ち取っていることも事実です。

ですから、もしあなたが強度の近眼を回復させたいと思っているのなら、眼科専門医に頼るのではなく、市販の視力回復の本を読んだり、視力回復グッズや機器を活用し、視力回復を自力で達成することが求められます。

近眼は回復するものです。
ただし正しい方法で実践しないと、なかなか効果を実感できません。近眼回復トレーニングとは、眼筋を鍛える訓練が主体になります。

もちろん補助的に、3Dの立体視ができるマジカルアイとか、ピンホールメガネを使うと、相乗効果となって、よりいっそう視力アップしていくことでしょう。

眼筋トレーニングは、川村明宏博士の視力回復法であるジニアスeyeに詳しく書かれています。これはベイツス理論にのっとった近眼回復の方法です。注意すべきは、目の筋肉を鍛えたら、必ず一定期間休ませることです。体の筋肉と同様の原理です。

当サイトが皆様の、一旦低下した視力を改善させ、近眼回復への道しるべとなれば幸いです。

>> あなたの近眼を回復させるトレーニング法はこちら
子供用の視力回復教材はこちら

近視を改善するコツとは? 目が良くなる回復法は進行度合いによって違います。
目を良くするには?・・・アントシアニンがふくまれるブルーベリーがいいって聞くけれど。 近視の視力回復の方法とコツ・・・ベイツ式とヘルムホルツ式 視力0.1以下の回復法

近眼回復へのヒント